千夜の章前編:自由落下 要点まとめ

3cfe5-noesis_chiya01
NOeSIS〜嘘を吐いた記憶の物語〜 の「千夜の章前編:自由落下」を再び読んでみました。
各シーンでの要点をまとめてみると、初ストーリーながら伏線が盛り込まれていたことに気付きますね。
この章の知識だけでまとめた要点と、今後の章の知識で考察した疑問点を載せてみます。

概略

時雨は屋上で千夜に出会い、連続殺人事件に首を突っ込んでしまう。
7人目に決まったこよみは呪いの指輪を時雨に渡して自殺したが、指輪は千夜が使用して消滅する。
生き残った時雨もこよみの幽霊に殺され、いくつかの謎や伏線を残すことになる。

登場人物

  • 時雨:呪いに殺されかけるも生き残るが、こよみの幽霊に道連れにされる。
  • こよみ:7人目の犠牲者に決定したが、赤い指輪を時雨に渡して自殺したため7人目にカウントされなかった。幽霊が時雨を道連れにする。
  • 憂姫:終始解説者に徹した。陰では暗躍していたはず。
  • 千夜:時雨と屋上で出会い、共に連続自殺事件の調査を続ける。指輪の力で消滅する。
  • 遥:未登場。連続自殺事件を陰で引き起こしていたはず。
  • 一夜:何故かラストで時雨を学校に呼び出す。千夜が消滅したため、一夜のみが生き残る。

要点

少女の自殺

    • 少女は目覚まし時計に仕掛けをし、睡眠薬を過剰摂取して眠った。

→誰?

  • この自殺方法のヒントとなった物がベットの横の机にあったはずだが無くなっていた。

水曜日:屋上

    • 5月の終わり
    • 貯水槽の点検に来た時雨は上級生の不思議な女子生徒に出会う。

→千夜先輩

  • 先輩はたとえ死んだ人間だろうと、表情を見れば考えている事がわかるらしい。
  • 飛び降りようとしていたと言っていたが、実際は探しものをしに来ていたらしい。

→何を?

水曜日:自宅

    • 妹の憂姫はここのところ帰りが遅い。

→何故?

  • 憂姫によると、あの先輩と声を出さずとも会話が成立したのは、パロールというものによるらしい。
  • 憂姫には、少しの運動でもバテてしまう理由がある。

→数年前の事故が原因。具体的には?

木曜日:起床〜登校

    • 幼馴染のこよみは力が強い。
    • 時雨の両親は不在。

→海外出張中。

  • こよみは女子バスケ部だが、諸事情により朝練がなくなっている。

→自殺事件の影響

  • 時雨はアニメ好き。

木曜日:学校〜下校

    • 花壇付近で飛び降りと思われるビニールシートを目撃。
    • 「1週間に一人、人が死ぬ」という噂があり、今回が5件目。
    • 昨日の先輩の証言により、時雨は疑いをかけられずに済んだ。
    • 学校側は自殺の事実を認めておらず、警察からの発表もない。

→何故?

  • この事件を調べると死んでしまうらしい。

→こよみが流した噂

  • 昨日の先輩によると、犠牲者は彼女が殺したようなものらしい。

→どういう意味?

  • 犠牲者はこよみの友人らしい。

木曜日:自宅

    • 時雨の両親は海外出張中
    • 事件の情報が出てこないのは、事件に詳しい人物は何かを恐れているのではないか。

→こよみが流した噂が原因

放課後

    • 先輩は名前を教えてくれない。

→何故?

  • 犠牲者はみな、何かから逃れるような不可解な行動をしていたらしい。

→「呪い」から逃げていた

自宅

学校

    • こよみは時雨に気があるように思えるが、先輩との関係を応援

→何故?

  • あの先輩は昼は性格が違い、生徒会長で千夜というらしい。
  • 生徒会長は時雨の名前をなぜか知っている。

→何故?

  • 再び現れた千夜はもう一人をドッペルゲンガーと呼んだ。

水曜日:学校

    • こよみは千夜という生徒会長の名前に違和感。

→生徒会長の名前は一夜

  • 千夜は今日の犠牲者が首吊りと知っている。

→何故?

  • 犠牲者はみな2年生の女子生徒。
  • トイレにて発見。「ちがう」というダイイングメッセージ。

→どういう意味?

木曜日:学校

    • 生徒会長の友達は友達というより御付きの人のようなもの。
    • こよみに水族館のチケットを2枚貰い、千夜を誘う。
    • こよみの身体能力は異様に高い。
    • こよみの様子がおかしい。

→指輪を受け取ったのだろう

木曜日:自宅

    • 憂姫は数年前に事故にあってから腕の力が弱い。

→どんな事故?

  • 憂姫も時雨に好意を寄せている?

金曜日:生徒会室

    • 千夜が時雨の胸で寝ているのを外から誰かが見ていた。

→流れからしてこよみ

  • 事件の犯人は「呪い」
  • 千夜は大切な人を守るために誰かを殺してもらうために事件を追っている。

→一夜を守るために千夜を殺してもらうという意味か?

月曜日:学校

    • 雨天。こよみは欠席。
    • 事件の噂が時雨の耳に入らないようにしていたのはこよみ。
    • こよみの背後に「呪い」がいる。
    • こよみは7週目の犠牲者に決まったらしい。
    • 先輩はこよみのことを知っているはずなのに知らない素振り。

→知り合いなのは一夜であり、千夜は知り合いではない

  • 千夜は犠牲者のことを知っていて黙っていた。

月曜日:踏み切り

    • 踏み切りの向こうに「呪い」がいる。
    • それを直視した時雨は引き寄せられてしまったが千夜に助けられる。

→指輪を持っていたのは時雨なので引き寄せられた

  • こよみは電車に轢かれた。

水曜日:自宅

    • 生徒会長から電話で呼び出される。

→千夜ではなく一夜なのはなぜ?

  • 時雨はもう一人の自分が見えている。

水曜日:学校

    • 生徒会長ももう一人の時雨が見える。
    • 生徒会長を怖く感じて逃げていると、千夜に捕まえられる。
    • 時雨はこよみから指輪を貰っていたため、こよみは7人目になれず時雨が7人目になった。

→こよみが指輪を時雨に渡したのはなぜ?道連れで心中するため?

  • 千夜は指輪をはめ、この世から消えた。

木曜日:保健室

  • 生徒会長の名前は一夜。
  • 千夜は一夜の防御人格。
  • あの日、屋上で先輩は飛び降りて一夜を消し、千夜になる予定だったらしい。
  • 一夜まで時雨に好意を寄せている様子。

踏み切り

    • 時雨は呪いに操られたこよみによって道連れにされる。

→こよみの幽霊?

疑問点

この章だけだと以下の疑問点が残りますね。
これらも今後の章の知識で考察してみます。

    • 冒頭で自殺しようとしていたのは誰なのか

→一夜が消滅を願っているのは何故?そして時系列ではどこ?

  • こよみが時雨と先輩の関係を応援した理由

→こよみは時雨との関係が変わることを極端に恐れているから

  • 憂姫の帰りが遅い理由

→自殺事件の黒幕だから

  • 憂姫の体が弱くなった原因

→5年前の飛行機事故かと思いきや、憂姫は乗っていなかったので原因は不明。

  • 千夜の探しものとは何か

→赤い本。現在では赤い指輪の形をしている。

  • 5人目の犠牲者は千夜が殺したようなものだ、の意味

→5人目から指輪を奪えていれば自分が使用できたのに、という意味か。

  • 千夜が自殺方法を知っていた理由

→自殺事件の手口は赤い本の通りだから。

  • 一夜が時雨の名前を知っていた理由

→5年前の飛行機事故以来、一方的に知られているから。

  • 一夜が時雨を電話で呼び出した理由

→このループでは一夜は千夜に指輪を使用させ、時雨と一夜で平和に暮らす計画?

  • 学校側は自殺の事実を認めておらず、警察からの発表もない理由

→連続通り魔事件の対応に追われているため。

  • 「ちがう」というダイイングメッセージの意味

→遥に猫殺しの疑いをかけられていた件についてではないか

ということで、冒頭で自殺しようとしていた時間と理由と、憂姫の体が弱くなった原因と、一夜が時雨を電話で呼び出した理由は謎です。
これらはNOeSIS03以降で明かされることを期待しています。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中